ひた生活領事館

☆春満喫バスツアー☆

 

 本日(3/4日)は、水郷日田ファン倶楽部「水の郷大使」の皆様と共に、日田の観光地をめぐりました!

 絶好の行楽日和に恵まれ、まずは豆田町へ。到着後、日田ご当地コンダクターとめぐる散策コースとおきあげ雛作り体験の2コースにわかれて、天領日田おひなまつりを楽しんでいただきました。

 上記の画像は、おきあげ雛作り体験の様子。おきあげ雛を受け継ぐ方々による丁寧な指導のおかげで、かわいい雛が完成。参加した皆様ご満悦の様子でした。

 

   

 ご当地コンダクターとめぐるコースは、まず国指定重要文化財である「草野本家」の雛人形を見学しました。天領日田おひなまつりのおこりは、昭和59年に町おこしの一環として草野本家さんが始めたのだそうです。その後、桂林荘公園に移動し、流し雛を楽しんでいただきました。「流し雛」は昔、厄払いの為に人形を川に流していたと伝えられており、「おひなまつり」の由来ともいわれています。 琴の音色が響き渡る中、各々願い事を書いた雛を川へ流しました。

 

 

 散策の後、お待ちかねの昼食は古里食房傳にて豊のしゃもを親子丼と炭火焼でお召し上がりいただきました。美味しい料理に生ビールも進んでました!

 

 

 午後は、日田おおやま梅まつり会場へ移動。おおくぼ台梅園の梅はまだつぼみの状態でしたが、JR九州櫻燕隊によるよさこい踊りも披露され、多いに賑わいを見せておりました。その後、オリジナル梅酒体験や酒蔵見学を行い春の陽気に包まれたおおくぼ台梅園を散策していただきました。

 旅の最後は、地元の特産品がそろう日田玖珠地域産業振興センターにて、お買物を楽しんできただき帰路につきました。来期もバスツアーや催事など様々なイベントを企画してまいりますので、ご期待ください☆☆