ひた生活領事館

✨日田製茶園の新茶✨

2016/04/24

日田製茶園の新茶


新緑豊かな春の恵み、
香り高い“一番茶”の新茶が
産業振興センターに届きました❗️❗️


お茶の葉は摘む時期により、
一番茶(4月末頃)
二番茶(6月中頃)
三番茶(7月末頃)
etc…
と呼ばれているのですが、
中でも“一番茶”は一番美味しいと
言われています🎵🎵


その理由は、茶葉が冬の間に養分を貯えて、春の陽気とともに成長するため、旨味の素である“テアニン”と呼ばれる成分が、二番茶以降の茶葉に比べ豊富に含まれるためなのだそうです❗️
つまり、寒暖差が美味しいお茶を育む秘訣のようですね❗️❗️


さらに、美味しいお茶を入れるには、

①ポットのお湯(約90℃)を湯のみに注ぎ(約80℃)に冷ます。(高温でお茶を入れるとしぶみ成分のカテキンが出やすくなります。)

②一人当たり小さじ一杯分の茶葉を急須に入れる。

③湯のみのお湯を急須に注ぎ、約30秒程たったら急須をゆっくり4.5回まわして茶葉の旨味を出し切る。

④湯のみの数だけ少しずつ、均等にお茶を注ぎ、最後の一滴まで注ぎきる(最後の一滴に旨味がたくさん含まれています。)


お茶は入れ方によって、味がまったく変わってきます。お好みの入れ方をお試しくださいませ


※大丸ひた生活領事館では、今月27日に入荷予定です❗️❗️

自動代替テキストはありません。
自動代替テキストはありません。