ひた生活領事館

✨本日は下駄の日✨

2015/07/22

本日は下駄の日

全国木製はきもの業組合連合会が制定し、”7”は下駄の寸法を表す『七寸七分』というように7がよく使われ、”22”は下駄の跡が『ニニ』に見えることから下駄の日となっているそうです。

日田は全国有数の下駄の産地として知られ、基幹産業である木材関連産業が発展し、江戸時代に天領であった天保(1830〜1844年)に代官が殖産興業の手段として下駄を奨励したことから発展した歴史ある日田を代表する産業です。

当時は桐下駄が生産の中心でしたが、明治〜大正時代に日田杉で生産されるようになり、今もなお日田の生活の中で下駄は親しみが込められています。

また、伝統を受け継ぐ下駄職人も多く、職人それぞれにこだわりの日田下駄が楽しめるのも特色です。

本日から28日(火)までの7日間、大丸福岡天神店本館1階で下駄の和文化とデザインを取り入れた新感覚の日田下駄で知られる”本野はきもの工業さん”が出店します。
是非、会場に訪れていただき、日田下駄の魅力をご堪能ください。

自動代替テキストはありません。
自動代替テキストはありません。
自動代替テキストはありません。