ひた生活領事館

🌟井上酒造🌟

2019/08/09 🌟井上酒造🌟   創業文化元年(1804年)地域に寄り添う酒造会社「井上酒造」さんに伺いました。 昨年事業承継した井上百合社長は、「品質」「伝統」「革新」を経営理念に掲げ、自ら杜氏として、社員と共に日々酒造りに邁進されています。 井上家は大正時代に大蔵大臣を務めた「井上準之助」を輩出した名家であり、主屋、煙突、木造蔵は登録有形文化財に指定されております。 中でも木造蔵は、その当時の地元民が地元も材木で建造されたそうで、当時地元民の間では「何かあったら井上酒造の蔵へ避難しろ」と伝えられるほどしっかりした建造物なのだそうです。 事実井上社長は、一昨年の九州北部豪雨水害で自社の資材置き場が浸水し、大きな損害に見舞われながらも、地域の住民が避難所として、蔵を解放したそうです。 地元愛にあふれた井上社長の今後の目標は「味のしっかりした濃口の酒」を造る事だそうです。 井上酒造さんの新酒が楽しみですね!!